読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1万円と1億円どちらが欲しいですか?

タイトルの問いに対する答えは、

間違いなく皆、1億円だと思います。

どんなに謙虚で禁欲が無い人でも、

「あ、それじゃあ一応1億円もらっとこ」

といった感じで1億を選ぶと思います。

答えは1択です。

問題にすらなりませんよね。

問題にならないものには価値はないのです。

忘れがちですが、

「お金を得る」とは

「問題を解決する」ということです。

解決する問題は数多ければよいという事ではありません。

質も重要になってきます。

マネーの虎で有名な南原さんは

1回のM&Aを成功させて1億円のキャッシュを手に入れたといっていました。

質と量のバランスの兼ね合いで、

自分の能力を最大化させることのできる点を解いてゆくという事です。

これはタイトルの問いにも一致します。

それでは条件を付けますね。

50年後に1億円もらえるのと、

今すぐに1万円もらえるのは、

どちらが良いですか?

これは多分9:1くらいで分かれると思います。

50年後に生きている保証は必ずしもないと考える人が出てくるためです。

でも、これでは現実的ではないですよね。

実際に以上のようなシチュエーションはありえないです。

しかし以下は誰しもが当てはまることです。

10年後に800万円もらえるのと

今すぐに500万円もらえるの

これはどちらが良いですか?

正解?

というか金額的に大きいのは今すぐに500万円です。

年利5%の株に投資して配当金を得るのであれば約814万円になります。

さらに、元本500円で事業をやるのもよいですね。

私だったら今でこそ結構思い浮かびます。

しかしこれはあくまで借金が無い人のみです。

借入金利のスピードは尋常じゃないですからね。

早めに返していった方が良いです。

結局何が言いたいかというと、

自分の置かれた状況

または、

やっていることの先にあるもの

などを把握して、

「長期的思考」

をすることが何よりも大切になってきます。

ですから、

今までこうしてきたから

とかいったこだわりはすてて、

長期的にやっていることが微妙だと感じ判断したのなら、

きっぱりと辞めることが重要だと思います。

要するに、

「情報(行動)の取捨選択」

やることを絞ってゆくのです。

まとめますと、

長期的思考をした上で情報(行動)の取捨選択をする

これさえできれば絶対にうまくいくと思います。

問題なのはそれを見極める力を鍛えてゆくことですね。

これを解決するには

①人に会う

②なんでもかんでもやってみる

これしかありません。

①は私も結構やって会って話しをしていたこともあったのですが

(ここではどんな人に会っていたかは流石に言えません)

最近は②ですね。

やはり自分の力で解決してゆく方が力の伸びも実感できています。